整骨院で体を正常な状態に|リーズナブルな料金設定

血流を心臓に戻す

うつ伏せになる女性

注意点を知って効果的にマッサージをする

ふくらはぎは第二の心臓であると、近年よく耳にするようになりました。テレビ番組でも紹介され、ふくらはぎマッサージの本も多数出版されています。健康な体を保つためには血液の流れを良くしておく必要があり、重力の影響で足先から血液が戻りにくい状態にあるためマッサージで血液の流れを手助けすることで体調不良も改善できるのです。しかし、基礎知識のない自己流で行うのは危険で逆効果になってしまうので、マッサージをする際の注意点を知っておく必要があります。まず足先で滞っている血流を心臓に戻してあげる目的で行うので必ず足首からひざの裏側に向かってマッサージします。そして、少し痛いけど気持ちいいと感じるくらいの強さがベストです。強すぎると痛めてしまいます。また、マッサージ自体が痛い場合は、無理せずさするだけでも効果があります。その際も下から上にさすることが大切です。

体の不調は痛みの場所でわかる

女性に多い冷え性ですが、最近は男性の体も冷えていると言われています。体の冷えは、血液の流れが滞りスムーズに流れていない事が原因です。血液の流れが悪くなり体が冷えることで胃腸や腎臓、心臓などの働きが悪くなり、免疫力が低下して風邪をひきやすくなったり頭痛や肩こり、めまいなどのさまざまな症状が出てきて慢性的な体調不良を引き起こすのです。ふくらはぎマッサージはふくらはぎの中央、内側、外側に分けて行うのですが痛みがある場所によって体の不調なところもわかります。中央部分に痛みを感じる場合は頭痛、腰痛、不眠、イライラ、神経痛などで内側は冷え性、月経不順、肝臓病、更年期障害、便秘など、外側は肩こり、頭痛、腰痛、めまい、肋間神経痛などです。そのため、痛みがある場所をやさしくしっかりほぐしてあげることで症状も改善してくるため、毎日少しずつでも続けることが重要です。どこの部分をマッサージして良いのかわからない場合、マッサージを施してくれる店舗に足を運ぶと良いでしょう。